スポンサーリンク

「秋の読書週間」で知育:本好きの子を育てる

季節のイベント

食欲の秋、スポーツの秋、そして……読書の秋!!

爽やかな気候の秋は、ゆったりと本を読むのにピッタリの時期で、『秋の読書週間』も10月末から始まります!秋の読書週間では、書店や図書館などで様々なイベントが催されるので、本に関心を持たせるきっかけにもなるでしょう。

本好きの子を育てたいママにも必見!秋の読書週間についてご紹介します。

季節のイベント:秋の読書週間

秋の読書週間とは?2019年の読書週間はいつ?

読書週間は、戦後間もない時に「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」ということで、出版社や書店、図書館、マスコミ機関などが中心となって企画発起し、1947年11月17日から第1回『読書週間』が開催されたのがはじまりです。その時の反響が素晴らしく、全国にまで広がり、国民的行事として定着していきました。

第2回目からは、10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められています。

毎年同じ日にあるんだね!

2019年の秋の読書週間:10月27日(日)~11月9日(土)

秋の読書週間の標語とポスターコンテスト

毎年、公益社団法人の読書推進運動協議会が読書週間の標語を募集し、翌年の標語を発表していますが、今年の標語はおかえり、栞の場所で待ってるよです!

また、その標語をイメージしたポスターコンテストも開催されます。

今年の読書週間のポスターはこちら!

公益社団法人 読書推進運動協議会:http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/dokusyo/hyougoillust.htm

標語の応募締切:例年11月中旬頃
ポスターコンテストの応募締切:例年6月下旬頃

秋の読書週間の書店くじ

日本書店商業組合連合会に加盟している書店では、毎年秋の読書週間で、書籍や雑誌の購入額に応じて書店くじが1枚配布されます!!(500円以上購入の方)

最大当選額は、5,000円!!(図書カードまたは図書購入時に充当)
この機会に、本を買ってみるといいですね♪

500 Internal Server Error

秋の読書週間の過ごし方

秋の読書週間では、全国各地の図書館で様々なイベントが催されます。講演会や本の展示、絵本の読み聞かせ会など、読書週間ならではの特集展示が行われるので、是非お近くの図書館の掲示板や、公式サイトを確認してみてくださいね。

子ども向けのものから、大人のための朗読会など、幅広い年齢層にあったイベントが企画されている図書館もあります!

毎年親子で遊びに行くのもいいですね♪

秋の読書週間の読書記録をつけよう

折角の読書週間なので、読書週間の間に読んだ読書記録をつけてみてはいかがですか?

様々な読書アプリがあるので、アプリを使って記録をつけるのもいいですね。また、小さい子どもはシールが大好きなので、カレンダーにシールを貼って読んだ本を書き込んでみたり、読書に対する意識を高める工夫をしてみると、楽しい読書週間を過ごせると思います♪

秋の読書週間をきっかけに、本好きの子に育てる

日頃から絵本が大好き、本が大好き!という子は、そのままもっとたくさんの本に触れられる機会にできるといいですね。あまり絵本は読まない……興味をもってもらえない……と悩んでいるママも、読み聞かせ会に参加してみたり、子どもの興味を魅くようなイベントに参加してみるのもオススメです。絵本作家を招いた読み聞かせ会や、紙芝居、人形劇など、普段とは違った読み聞かせスタイルなので、いいきっかけになるかもしれません♪

是非親子で秋の読書週間を楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました